検索

『奮い起こす』




こんにちは、しょーんです。

8月も終いになり、夏が終わろうとしている時期ですね。

なんとなく夏の終わりってことで、そんなものを少し書こうかと思います。



夏の終わりといえば、アメリカのDCIのシーズンも終わりましたね。

ぼくも3年前に一度参加しておりました。

そのチームが、今シーズン13年ぶりにファイナルの舞台に立っていました。



正直に言うと、たった1年のみだったし、3年の間が空いているということで自分の最近の生活から、抜けた存在でした。

なんだろう、なくても生活に差し障りがないもの。

増してや最近の忙しない情勢上、気にも留めていなかったです。



ファイナル出場の吉報を聞いたぼくは、本当に嬉しかったのと、羨ましかったのと、誇らしかったです。

いろんな気持ちが溢れましたが、晴れやかな気持ちになりました。

嬉しくて同じアルムナイのほっしゃんと一枚パシャリ。

距離はあると言えども、がんばっている友人がいる。

そう考えて、あー自分も負けてられへんなぁ、がんばらんとって。

奮い起こされるような感覚でした。



他にも、つい最近ぼくは仙台育英の監督のスピーチに奮えました。


「すべての高校生に拍手を」


優勝してすぐに自分のチームの子だけではなく、他のチームの子にも賞賛を送る。

ぼくには無理だなって感じてしまいました。

子どもたちのことを考えている、教育者なんだろうなと感動し、こんな大人になりたいと思い知らされましたね。



最近奮い起こされることが個人的に多く感じます。

他人からエネルギーをもらうことがよくありまして。

誰かの行動がまた誰かの励みに、奮い起こす原動になることが世界ではいっぱい起きてるんだなって。



自分もまたそんな一歯車になれたらっと思っていると!!

幸いなことにぼくはJOKERSに所属をしており、そしてもっと幸いなことにJOKERSを見に来て楽しみに待ってくれているお客さんがいて、そしてさらに幸いなことにもうすぐ披露ができるという!



本当にいつもありがとうございます。

精いっぱい、皆さんに楽しんでもらえるように、願わくば精一杯生きるような行動力になれるほどに、そんな奮い起こすほどのパワーを与えられるようにJOKERSも日々精進します。

さて、最近のJOKERSの話も少し。


8月も終いになってきているということで、JOKERSの今年のショーも着々と完成に近づいています。

毎週のように新しいコンテが配られている状態で、ルーキーの子たちの顔からは『???』マークが死ぬほど見えていますね。


しょーん「大丈夫?いける?」

ルーキー「ん…あぁ…いけます…!!」

しょーん「大丈夫ちゃうやん(笑)」


こんな感じです毎週。


ベッツはなんとか経験値でカバーしていますが、それでもしんどいですね。

なんせ最近は少し涼しくなりましたが、依然湿度が高くじめっとしている日が多いので、頭が回らないことなんたるや…!


まあこればっかりは耐えるしかないですからね。

10月頭の府大会まで残り1ヶ月弱。

このペースに負けることなく。


お客さんに楽しんでもらい、そして自分が楽しむために。


ファーストショーまで、大体残り30日。

楽しみにしていてくださいね。


ではまた、しょーんでした。


閲覧数:174回

関連記事

すべて表示

日進月歩