top of page
検索

A House is Not A Home

こんにちは、おおはしです。いま、韓国にいます。(出張中)


”JOKERSでの思い出”が他団体のときの思い出
”JOKERSでの思い出”が他団体のときの思い出
 

ここで告知タイムです。


中央に写っているのがおおはしです
中央に写っているのがおおはしです

優先入場整理券の配布は終了しましたが、14:40に草津市立総合体育館に来ていただければどなたでもお入りいただけます


客席には余裕ありますので、当日に

「JOKERSの演奏会やってるんや(関西弁)」

「Tokushima Indigoesさんのショー見に行きてぇな(関東弁)」と思い付きでこられても問題ありません。どんどん思い付いてください。


合同演奏もまだまだ募集中です。

編成の関係上、金管楽器のみとなりますが、トランペットでもホルンでもトロンボーンでもOKです。(スーザもOKです)

楽器をご持参いただければどなたでも参加していただけます。



2月11日(日)までが募集期間ですので、こちらをクリックして詳細をご確認ください。



告知タイムおわり

 

JOKERSのHome Coming Day (略してHCD) も今年で13回目です。

第1回目のHCDはおおはしがルーキーの2011シーズンでした。


公式に撮影したものではないのでぼかしをいれています
公式に撮影したものではないのでぼかしをいれています

それまでJOKERSは自主的な本番を企画したことはなく、日頃応援してくださる方々に向けてショーをお届けできる場を作ろうとみんなで試行錯誤をしたことを覚えています。


そんな第1回目はHCDオリジナルショーと大会で披露したメインショー、合同演奏のプログラムで、今と比較すると少しあっさりとした本番だったかもしれません。


この時点ではHCDは2011シーズンの単発イベントとするのか、定期的な演奏会のようにするのかははっきりと決まってはいなかったと記憶しています。




これは公式の写真
これは公式の写真

つぎの2012シーズンはまたHCDを開催すると決め、皆さんに楽しんでもらえるイベントにしよう!という意気込みで準備を進めていたのを覚えています。


ゲストとしてTokushima Indigoesさんに出演していただいたのはこの年からでした。

さらに福井からはTHE STAR OF PHOENIXさんにも出演していただき、今から考えても盛りだくさんの内容でした。




2013シーズンはおおはしが不在だったので、先日の本番前の様子をどうぞ
2013シーズンはおおはしが不在だったので、先日の本番前の様子をどうぞ

有志メンバーによるアンサンブルをお披露目するようになったのもこのあたりからです。



このころはフィールドアートでHCDのショーも一部お披露目していましたね
このころはフィールドアートでHCDのショーも一部お披露目していましたね

2015~2018シーズンはおおはしが不在だったので、HCDの日はたいてい会場で運営のお手伝いをしていました。

現役に戻ってみると、お手伝いをしてくださるOBOGの皆さんにはいつも頭が下がる思いです。



駐車場誘導係をしていたら、友達に「おおはしがJOKERSの顔みたいになってるけどええんか」と言われた2018シーズン
駐車場誘導係をしていたら、友達に「おおはしがJOKERSの顔みたいになってるけどええんか」と言われた2018シーズン


HCDは単にショーを披露する場とは考えていません。

会場の飾りつけや色んな工夫を凝らし、来てくださった方々を楽しませようとみんなで毎年頭をひねっています。



隙あらば勧誘してくるウェルカムボードや
隙あらば勧誘してくるウェルカムボードや

過去のHCDオリジナルショーの衣装を展示した年もありましたね
過去のHCDオリジナルショーの衣装を展示した年もありましたね

会場の皆さんが手にとるパンフレットにも手を抜きません。


マーチとアクションサウンド \アクション/
マーチとアクションサウンド \アクション/

そんな風に毎年多くの方々に来ていただき、シーズンの大きな部分を占めていたHCDですが、ここ数年は某流行り病の影響で多くの制約をかけざるを得ませんでした。


感染症流行のきざしがみえて世の中が不安になっていくなか、開催することができた2019シーズン
感染症流行のきざしがみえて世の中が不安になっていくなか、開催することができた2019シーズン

開催日が延期となったシーズンもありました
開催日が延期となったシーズンもありました

 


わたしたちが決めた公衆衛生上の対策のなかで、入場の制限やご来場のみなさまにご不便をおかけすることもありました。



昨年までは応援グッズを配布し、声の代わりに音でエールをいただけるようにしました
昨年までは応援グッズを配布し、声の代わりに音でエールをいただけるようにしました

HCD後、実家の妹から送られてきた応援グッズを持って帰ってはしゃぐ母のすがたが
HCD後、実家の妹から応援グッズを持って帰ってはしゃぐ母のすがたが


こうして振り返ってみるとHCDは毎年当たり前のようにあるイベントに見えて、わたしたちみんながどうにかして繋いできてできた場所なんだな、と思うわけです。


今年のHCDも皆さんにとってもわたしたちにとっても、いつもと変わらない当たり前の場所になってくれることを強く願っています。



そして今年は、おまちかねの
そして今年は、おまちかねの

 

いつまでも変わらずにいることは、とてもむずかしいです。


わたしたちは人のあつまりである以上、まわりも自分自身も時間とともに少しずつ変わっていくことを自覚しないといけません。


JOKERSのメンバーは毎年入れ替わっていくし、ずっと続けているメンバーも次第におじさん、おねえさんになっていくことを分かっていないといけないわけです。

(時は残酷なのです)


他意はない(40歳、60歳おめでとうございます!)
他意はない(40歳、60歳おめでとうございます!)


いつまでも変わらずにいることはとてもむずかしい、でも変わらないもの変えたくないものがあります。


それは会場の中に、ショーの中にきっと見つけていただけることでしょう。



それではさようなら



いつまでも変わらずにいることはとてもむずかしい


関連記事

すべて表示

3月9日

Comments


bottom of page