top of page
検索

おとなの掟

質問:年齢層はどのような感じですか?

回答:2022シーズンだと、20代が全体の約35%、30代以上が約40%でした。


30代以上が40%という事実におののいてその先の回答が読めない
「30代以上が40%」におののいてその先が読めない

おおはし(31)ですこんにちは。


練習中は暑くなってくる季節になってきましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?


2023シーズンのSHOWメンバーの締め切りまであと数回の練習を残すのみとなりましたが、前回の練習ではなんと10名以上の方々が来てくださいました。

このチャンスを逃してたまるかと浮足立つメンバーたち
このチャンスを逃してたまるかと浮足立つメンバーたち

さて、まだまだメンバー募集中です!

2023年度SHOWメンバー登録のためには、以下の練習に少なくとも1回は来ていただく必要があります。


・5/21(日) 9:00-17:00 大阪府 堺市

・5/28(日) 8:30-17:00 京都府 城陽市


↓ お申込みはこちらから


ぜひ練習に参加してJOKERSの雰囲気を体験してみてください!


興味はあるけどためらっている、見学には行ったけれどまだ迷っているという方は、過去のJOKERSのブログもぜひ読んでみてください。


ブログもかれこれ14年目になり、メンバーそれぞれの目線からみたJOKERSのことがもう13年分もたまっています。


今回も迷っているみなさんの参考にちょっとでもなればいいな、と思って書いています。

 

わたしたちがJOKERSをひとことで表すとき、「大人の団体」という言葉をよく使います。


メンバーの中には入隊するまでJOKERSが「こわい団体」だという印象を持っていた人がいたりしますが、もしかするとこのイメージが独り歩きしていることも原因の一つなのかもしれません。


そんなおおはしも、入隊したての大学生の頃に先輩から「JOKERSは大人の団体やで」と聞かされ

みんな他人に対してドライなのかな?とか、

困ったことがあっても「自己責任やで」と冷たく突き放されたりするのかな?と思ったことを覚えています。


でも実際にシーズンを過ごしてみるとJOKERSの言う「大人の団体」というのは、どうやらそういうことじゃないぞということがわかってきます。


これはシャボン玉ではしゃぐ大人の写真
これはシャボン玉ではしゃぐ大人たちの写真

とはいえ練習は週にほぼ1回しかないわけですから、みんな週末に向けて平日に個人練習やコンテの確認などの準備を必然的にしていくことになります。


週末の練習をより良いものにしていくために、各メンバーができることを最大限努力する。

そういった意味では自己責任が求められるという面もあるでしょう。



ですがわたしたちは、どんな人でも最初は必ず初心者であることを知っています。


わたしたちは、一人ひとり学校や仕事、家庭があって、それぞれに悩みを抱えていることを知っています。


わたしたちは、全員でひとつのものをつくるから、他人は他人ではなく、他人のことも自分のことだと考える大切さを知っています。


だからこそ困っている時、どうしたらいいかわからない時には決してひとりぼっちにはさせず、手を差し伸べることができるのです。


だって大人ですから
だってそれが大人ですから

そしてなにより、わたしたちは自分が好きなことを自分で選んで楽しむことが大人の特権だということを知っています。


大人の団体でしか得られない大人の特権、魅力的だと思いませんか?


わたしたちはJOKERSがみなさんにとって、好きなことをめいっぱい楽むことができる場所だと信じています。


それではさようなら



シャボン玉ではしゃぐ大人を撮る大人を撮る大人
シャボン玉ではしゃぐ大人たちを撮る大人たちを撮る大人



関連記事

すべて表示

3月9日

コメント


bottom of page