top of page
検索

微笑みの爆弾

「衣装は衣装でしかない」


先日の衣装を着て通し練習をするドレスリハーサルで、わたしにドラムコーが何たるかを教えてくれた先輩の言葉を思い出しました。


数年前にも書きましたが、衣装というのは着るだけでめちゃくちゃ上手になったり、カッコいいプレーヤーになれたりするシロモノじゃないんですよね。


もちろん衣装を着ればテンションが上がり気合も入るかもしれませんが、結局それだけでしかなくて。

むしろ衣装を着ることでいつもと違うコンディションになってしまえば本末転倒なわけです。


本番でも普段と同じ、いつも通りのパフォーマンスが出せるかどうか。

「衣装は衣装でしかない」という言葉にはそういう意味があると思っています。


 

衣装はその姿を見てくれる人がいて、はじめて意味を持つものだと思っています。 あの「黄色い衣装」の団体は見ていて楽しかったな、カッコよかったな。 わたしたちをいつも応援してくださる方々、ずっと前からこの衣装を着てきた先輩方も、はじめてJOKERSのショーを見たときにそんなことを思ったのではないでしょうか。

黄色い衣装を着るからJOKERSなのではなく、JOKERSのもつ「個性」がこの黄色い衣装に意味を持たせている。 「衣装は衣装でしかない」からこそ、そこに意味を持たせるのは衣装を着るわたしたち次第なんだと思っています。

 

さてわたしたちJOKERSは今週末の10月8日(日)、10月9日(月祝)のマーチング・イン・オカヤマ(略してインオカ)に出演します。


10月8日(日)

・表町商店街パレード(JOKERSのパレードスタートは14:15以降の予定です)

・石山公園コンサート(JOKERSの出演は16:29以降の予定です)


10月9日(月祝)

・メインフェスティバル(JOKERSの出演は14:04以降の予定です)

急に肌寒い日々になってきましたから、あたたかい格好でお越しください。

天気予報は若干怪しいところですが、いままで天気で岡山に裏切られたことは一度もないのできっと大丈夫です。

 

去年のインオカは、おおはしの海外転勤の話もあり本番の舞台袖で「これが最後のインオカかな」と考えていたのを覚えています。


しかしフロアに立ち、客席のお客さんからたくさんの拍手と応援をもらった瞬間に、この黄色い衣装のチームがもつ「個性」に期待して応援してくれる人がいることを改めて感じました。


もうちょっとこの感覚を味わいたいと思った次の日にはもう転職のため履歴書にペンを走らせていたわけです。



そんな念願かなったインオカですが、今年は働き盛りな年齢なのか日々忙しく、全体練習に参加できない時期もありました。


しかし不本意なものをインオカの場に持っていくつもりはさらさらないわけでして。


衣装を着ればルーキーもベテランも、どんな個人も関係なくなってしまうからです。



衣装は衣装でしかありません。


しかしわたしたちの「個人」を切り離し、JOKERSの「個性」を際立たせてくれます。


マーチング・イン・オカヤマやその先に続いていく本番で、この黄色い衣装に意味を持たせていけるように頑張っていこうと思います。


それではさようなら



今年のメインフェスティバルはジップアリーナ岡山です!


関連記事

すべて表示

コメント


bottom of page