top of page
検索

部活じゃないのよバナナは

さて、明日19日の練習が、JOKERSの今シーズン最後の練習です。


今シーズンは一度も感染症の影響で練習形態を変えることなく、終えられそうです。

昨年と一昨年はオンライン練習が多く、なかなか集まることができませんでした。

体育館での練習ができる!となったとき、とても嬉しく、少し泣きそうになったのを覚えています。


でも、今シーズンは毎週体育館が借りられて、練習があるのが普通。

ありがたいことです。


でも、普通に思うだけで、普通じゃないんですよね。


練習のできる体育館が毎週借りられて、メンバーも集まって練習ができて、無事家に帰れて。


「じゃあ、また来週〜」が、普通の言葉になっている今、改めて幸せなんやなぁと思います。



JOKERSは毎日練習はしませんし、できません。

コーチや顧問がいて、毎週レッスンや指導があるわけでもありません。

指導専門のスタッフもいなければ、マネジメント専門のスタッフもいません。

すべて、メンバーで行います。


固定の体育館もありません。大道具を発注する業者もいません。


母体もなく、どこかの学校の卒業生で組織している団体でもありません。




「JOKERS」って何を指すのか、と言われると、本当に今いるメンバーのことを指すんだと思います。

確かに団体の名前ですが、活動しているメンバー、形作る一人ひとりがいて、初めてJOKERSです。


高校生の時、「JOKERSに、入る!」って周りに言ってました。

「JOKERSに、なる。」とは言っていませんでした。


メンバーが、自分の役割をこなす。

ただそれだけのことが非常に重要で、難しい。

その細かく、重要なことがJOKERSのショーだけでなく、活動運営に関わってきます。


大人の誰かがコンクール曲を決めて、大人の誰かが体育館を借りてくれて、大人の誰かが定期演奏会の日程を決めて会場のPA・照明とやりとりする。

部員は一生懸命練習はするけど、知らん間に本番の日が決まっていて、大人からのアナウンスで初めて自分達の立ち位置を知る。


これは部活動です。青少年の育成のため。

もちろん大切な活動であり、その3年または6年は成長につながる必要な時間です。


大人たちは音楽活動はもちろんですが、子どもたちの成長につながるためにアプローチをします。

自主性を育てるために、いろいろ任せることも時にはあります。


でも、去年や一昨年のように集まれなくなった時、やはり活動は止まってしまいます。



JOKERSは部活動でも、サークル活動でもありません。

誰かのために、何かのためにマーチングという手段を使っているわけでもありません。


ただ好きでやってるだけです。

ですので、集まれなくても、居場所はバラバラでも、活動は続くのです。しんどかったですけどね。

ここでやることは何か分かっていて、できるから。


そして集まったときは、放っておいてもガンガン進みます。

もちろん、メニューの中でまとめる役割は必要ですが。


ドラムコーが好きで、音楽が好きで、マーチングが好きで、集まっているメンバー。

土日祝日、仕事の疲れを癒せる日なのに、わざわざしんどいことをしてます。


今、働き方改革や部活動の在り方の見直しで、部活の時間が制限されています。

しかし、我々が制限を受ける時は、天災と厄災のみ。

また、練習時間が確保できるならどこへでも行きます。福井の手前から、徳島の手前まで。


徳島のドラムコー、インディゴゥズさんも使う体育館で練習したこともあります。遠征ではありません。

通常練習です。


京都市内の学校では、合宿でもそんなとこ行きません。

家に帰るより、75番札所善通寺のほうが近い体育館なんて。


もしJOKERSが部活なら恐ろしい部ですね。

金森氏とヒル魔が居そうな部活。


何をしてでも、やりたいことを成し遂げる。


そう、違いを挙げるなら、卒部、卒業もありません。

シーズンごとに活動は区切りますが、3年間の活動で終わり、という風に決まっていません。



長く続けているメンバーもいます。

大学生の内だけ好きなことしよう、、と入隊したのに、来年10年目を迎えるメンバーもいます。



活動するにあたって、部活の方が恵まれている部分も多くありますが、JOKERSのほうが自由で、より柔軟に好きな活動ができます。


空気を読んで大きな流れに飲まれなければならない、ということが無い。

社会に溶け込むのが苦手な私にとっては、とてもありがたい。


頷いてるメンバーの顔がちらほら。


卒部も卒業もないし、顧問の定年退職もないですが(隊長は米寿のお祝いをフロアでするのか?)、

シーズンの終わりはやってきます。


練習は19日で終わり、そして23日の本番HCDをもって、一旦今シーズン全ての活動を終えます。


ぜひ、その演奏演技を見に来てください。


19日の練習場所の体育館は京都の南の方ですので、比較的来やすいと思います。

福井や彦根や、淡路島や姫路ではありません笑

電車でも来やすいですよ。練習見学お待ちしています。


そして、23日HCDは亀岡!

これもまた近い!(我々にとっては)


卒部生の名前を一人一人呼んだりはないですが、泣いて笑って楽しめる時間をお約束します。



終わりたくねえなぁ

でも、早くお披露目したい。



お楽しみに!


関連記事

すべて表示

StaRt

bottom of page