top of page
検索

Drum Corps はいいぞ

いやほんまに。


この本番に出る度思う。


今年は特に。





Drum Corps Japan All Championships 2023


4年ぶりの日産スタジアム!!!!


帰ってきたよ日産スタジアム!!!



私は数ある本番の中でもDCJは本気で楽しい本番だと思ってます。




その1

屋外のFieldでかますShow!!!!


外で音を出す事は楽器本来の音をしっかり出せるので、Front Pitは特に「音」に対するこだわりをこだわり抜いて「Front Ensemble」を披露できる絶好の機会。


Field JudgeがいるのもDCJならでは。

間近で音を聴いて、動きを見て頂けるのも魅力的。




その2

Audience(お客様)がとにかく温かい、を通り越して熱い!!!!


ここ近年はできなかった声援が復活し、Showの見せ場で反応を感じる事ができ、

何より全国からDrum Corps・マーチングが大好きなお客様が集まるので、我々のShowを全国のお客様に披露できる絶好の機会。


たくさんのお客様に「生」のShowを見て、感じてもらい、真っ黄色に染める時間!!!

「Time!」




その3

リトリート


リトリートとは、閉会式及びScore発表、すなわちフィナーレ。


メンバー全員がFieldにただ立つのではなく、隊列が決まっており、パレードレスト(チームの名前がCallされたらテンハット)をする。

リトリートも勿論見せ場であり、手を抜かずこだわって魅せる。



フィナーレを飾るのは出場全団体による合同演奏。

合同演奏をしている時、いつも思うんです。


我々は順位や点数にはこだわらず、お客様を楽しませ、自らも楽しみ、「良いShow」をする。


しかし合同演奏の時は、

全ての団体が順位点数賞や人数関係なく、合同で演奏して一つになる瞬間。

全てのDrum Corpsに敬意を持って。


まさにDCJの醍醐味だと私は思う。





「Time!」

いかがだったでしょうか。


Fieldを黄色く染め、まさに皆様の「時間」をいただきました。


Showを披露する「時間」が最高の「時間」


ありがとうございました!!




To be continued...



Front Pit すぐる



関連記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page